令和3年1月1日施行の「育児・介護休業法」の改正点について

 ⼦の看護休暇・介護休暇  時間単位取得 施行日 令和3年1⽉1⽇

育児・介護休業法施⾏規則等が改正され 、時間単位で取得できるようになりました。

(改正前) 

・半⽇単位での取得が可能

・1⽇の所定労働時間が4時間以下の労働者は取得できない

 

        ↓

 

(改正後)

 ・時間単位での取得が可能

・全ての労働者が取得できる

 

1 新たに企業に求められるのは「始業時間から連続」、または「終業時間に連続」する形での取得です。就業時間の途中での取得(いわゆる「中抜け」)の設定までは義務ではありません。ただし、法を上回る措置として中抜けありの休暇取得を認めるように配慮を求めてられています。既に「中抜け」ありの休暇を導⼊している企業が「中抜け」なしの休暇とすることは労働条件の「不利益変更」となります。

2 時間単位で取得することが困難な業務がある場合は、労使協定でその業務に従事する労働者を除外することができます。

3 時間単位で利⽤できる有給の⼦の看護休暇・介護休暇制度を導⼊し、労働者が取得したなど要件を満たした事業主には両⽴⽀援等助成⾦が⽀給されます。

 

リーフレットはこちらから

000582033.pdf (mhlw.go.jp)